世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ

世界中の海に潜りダイビングを楽しんでいます。見られる魚、海の特長ダイビングクルーズやリゾートでの毎日のスケジュールなどを写真を使って紹介します。

© 世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ All rights reserved.

ソロモンのキンギョハナダイ

20209/20

のどかなダイビングの象徴のようなキンギョハナダイ

スズキ目ハタ科ハナダイ亜科キンギョハナダイ
黒潮の影響を受ける南日本、フィリピンからニューカレドニアあたりの西部太平洋、インド洋、紅海に分布
水深10~20mの岩礁やサンゴ礁に生息

金魚のような魚だけど雄雌で色と大きさが違う!!!

フィリピンアニラオのキンギョハナダイ

サンゴの周りに集まってひらひら泳ぐ金魚のような魚、あったかい海ののどかなダイビングの象徴のような光景を作ってくれるのが、キンギョハナダイです。青い海に赤い魚が集まっているだけでも美しいものです。
赤に近いオレンジ色で9センチ程度になるのが、雌。無数に泳いでいます。
オスはメスより大きく最大15センチ、紫に近い赤色で胸元に濃い赤紫の斑紋があり、背びれの一部が糸のように長く伸びています。数が少なく、群れにいないこともあれば、いても数匹。ごくまれに、オスだけで集まっているのを見ますが、無知秩序に泳ぎ回っていて、どことなく戦っている雰囲気があります。
1つの群れには、幼魚から成魚まで混じっているので、メスの大きさはばらばらです。

サンゴとエサを分け合う??

オオイソバナなどのサンゴの周りにただよっているキンギョハナダイ。
みんな同じ方向、流れに逆らうように1方向に向かってひらひらと体を震わせいるのは、エサが流れてくるのを待っているのです。時々パクっと動物プランクトンを食べています。
サンゴも流れてくる動物プランクトンを食べています。
泳ぐ魚と動けないサンゴですが、同じ生息環境で、同じ食べ物を分け合って暮らしているわけです。

メスがオスに性転換する

紅海のキンギョハナダイメス

多くのハナダイの仲間と同じように、キンギョハナダイもメスからオスに性転換します。
卵から孵化し、1か月で体長1センチ、1年後には6.5センチくらいになりメスとして成熟します。
一つの群れの中でオスに性転換する魚はあらかじめ決まっており、群れの雄がいなくなった時に、メスの性転換が起こります。
メスとして成熟した後にオスに性転換することを、雌性先熟型と呼びます。

逃げないから観察、撮影しやすい

キンギョハナダイは生活岩と呼ばれる特定の岩やサンゴを中心に暮らしていて、遠く離れることはないので、観察しやすく、写真を撮りやすい魚です。
逃げても隣のサンゴまでふわっと移動してゆく程度です。
オスが背びれを立ててメスにアピールしている様子なども頻繁に観察できます。

紅海、日本、ニューカレドニア、全部同じ種類?

パプアニューギニアのキンギョハナダイ

大陸の割れ目のような紅海、比較的緯度が高くて赤道から離れている伊豆、南半球のニューカレドニア、今のところ1つの種類とされていますが、正しいのでしょうか?

場所によって色も違っています。
写真は、上から順に
・ソロモン諸島のオスとメス
・フィリピンアニラオのの群れ
・紅海のメス
・パプアニューギニアののオス

ありふれた魚すぎて、研究の対象となっていないのでしょうか。分類学的検討が待たれている魚です。
大学のダイビングサークルなどに取り組んでいただきたいテーマです。

関連記事

コメントは利用できません。
アマミホシゾラフグの巣

奄美大島で固有種アマミホシゾラフグが造る海底ミステリーサークルを見よう

奄美の海でイソマ今、奄美大島に潜るダイバーに最も注目されているのは、固有種の「アマミホシゾラフグ」と、このフグが造りだす「海底ミステリーサー…

アオウミガメ

20215/29

日本で見られるウミガメは3種類 特徴や見分け方を解説!!

ダイバーのアイドル的存在のウミガメ。つぶらな瞳がとても可愛いらしく、見ていると癒される人も多いのではないでしょうか。 ウミガメは絶滅の恐れ…

20219/26

ダイバーに人気のタツノオトシゴ 日本で見られる3種と独特の子育て方法を紹介

魚とは思えない見た目のタツノオトシゴ。 ダイバーからは人気の魚ですが、独特の姿形から、ダイバーでなくてもなんとなく知っている方も多いようで…

ダイビングやスノーケリングでのクラゲ対策

海水浴場でのクラゲによる被害は夏の風物詩になっています。 クラゲは触手の刺胞に毒針を持っています。毒針は本来、エサを捕まえるときや自分…

チョウチョウコショウダイの幼魚

茶色い体に白い水玉模様でひらひら泳ぐ幼魚はチョウチョウコショウダイ

茶色い体に白い水玉模様が可愛らしいチョウチョウコショウダイの幼魚。ひらひら・くねくね泳ぐ特徴的な泳ぎ方も相まってダイバーからも人気があります…

ページ上部へ戻る