世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ

世界中の海に潜りダイビングを楽しんでいます。見られる魚、海の特長ダイビングクルーズやリゾートでの毎日のスケジュールなどを写真を使って紹介します。

© 世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ All rights reserved.

デバスズメダイ

20205/23

デバスズメダイは沖縄など暖かい海でサンゴに群れる青い小魚

サイズ:最大8cm
分布:奄美大島以南、太平洋~インド洋
水深:1m~20m

枝状サンゴの周りに群れて漂う水色の魚

デバズズメダイは、水色の小さなスズメダイで、背中側の色が濃く、お腹の色は薄くなっています。
小さい幼魚の方が比較的濃い色で、オス、メスをダイビング中に区別するのは難しいです。

ミドシイシなどの枝状サンゴの周りをふわっと群れて泳いでいるのは、熱帯の海を象徴するような光景です。
危険を感じると一斉にサンゴの中に隠れますが、しばらくすると顔を出して様子をうかがい、安全を確認すると出てきてふわっと漂います。

エサは動物性プランクトンや魚の卵。
漂いながらエサが流れてくるのを待っていて、パクっと食べているわけです。
海流が無いとバラバラの方向でエサを待っていますが、流れがあると群れ全体が海流の方向に向かっているので、インスタ映えする光景を切り取ることができます。

夜になると、昼間と同じサンゴの中に隠れて眠ります。

名前の由来は「出歯」

こんなちっちゃくかわいらしい魚が、なぜに「出歯」なのか?と思いますが、下顎の犬歯が前向きに突き出ていることが、和名の由来だそうです。

見てみたい気もしますが、残念ながらダイバーが歯を見るのは難しそうです。

似た種類のアオバスズメダイ

デバスズメダイの体に、濃の青の斑点を筋状に付け、胸びれの根本を黒くしたアオバスズメダイという種類がいますが、生息環境や食性も同じで、混同しがちです。
最大サイズ10センチと、アオバスズメダイの方が大きめです。
「あれ?デバスズメダイに模様なんてあったかな?」なんて思ったことがある場合は、それはアオバスズメダイです。

繁殖期にはオスの色が変わる

繁殖期になると、オスの体はぜんたいてきに黄色味を帯び、背びれが黒い婚姻色になります。

沖縄でのデバスズメダイの繁殖期は6~7月。
折れたサンゴや小石が散らばっているがれ場の砂地にお腹をこすりつけて産卵しているカップルを探してみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

202011/4

コウイカがカップルになって産卵するまでを見守った1日

アンダマンクルーズの目的地は、リチュリューロック。 Aggressor は、リチュリューロックに1日停泊し、4本ダイビングしました。 …

20219/2

茶色い体に白い水玉模様でひらひら泳ぐ幼魚はチョウチョウコショウダイ

茶色い体に白い水玉模様が可愛らしいチョウチョウコショウダイの幼魚。ひらひら・くねくね泳ぐ特徴的な泳ぎ方も相まってダイバーからも人気があります…

20215/10

タテジマキンチャクダイの幼魚と成魚の違いや生態について解説!!

「タテキン」の愛称で親しまれているタテジマキンチャクダイ。 沖縄など暖かい海でダイビングをしているとよく出会う魚です。青い体に黄色の縞模様…

奄美大島の固有種アマミホシゾラフグが造る海底ミステリーサークルはダイビングで見られる!!

奄美大島に潜るダイバーに最も注目されているのは、砂の海底に「ミステリーサークル」を造るという変わった生態の「アマミホシゾラフグ」。 NHK…

20215/29

日本で見られるウミガメは3種類 特徴や見分け方を解説!!

ダイバーのアイドル的存在のウミガメ。つぶらな瞳がとても可愛いらしく、見ていると癒される人も多いのではないでしょうか。 ウミガメは絶滅の恐れ…

ページ上部へ戻る