世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ

世界中の海に潜りダイビングを楽しんでいます。見られる魚、海の特長ダイビングクルーズやリゾートでの毎日のスケジュールなどを写真を使って紹介します。

© 世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ All rights reserved.

アマミホシゾラフグの巣

奄美大島で固有種アマミホシゾラフグが造る海底ミステリーサークルを見よう

奄美の海でイソマ今、奄美大島に潜るダイバーに最も注目されているのは、固有種の「アマミホシゾラフグ」と、このフグが造りだす「海底ミステリーサークル」。NHKのテレビ番組「ダーウィンが来た」や、2019年マリンダイビングフェアで紹介され、ダイバーの知名度や興味が急上昇しているところです。

新発見された固有種アマミホシゾラフグ

アマミホシゾラフグは、2012年に新発見された体長10~15cmのフグで、頭~背中側が薄い茶色、お腹側は白色で、全体に白色の水玉模様があります(針の跡?)。
学名は、「Torquigener albomaculosus」。
「奄美大島にちなんだ夢のある名前を付けて欲しい」との地元の人の願いを汲んで、体の白点を奄美の夜空に散らばる星々に例えて名づけられました。
このフグは、今のところ奄美大島の南側~加計呂麻島の北側、奄美大島北部だけで観察されているようです。
地味な魚ですが、「2012年に新発見された奄美大島固有種」と言われると、見に行かなきゃ、って気になりませんか?

アマミホシゾラフグが造りだす海底ミステリーサークル

海底ミステリーサークルは砂の海底に造られています。直径2mくらいの円形で盛り上がった砂の建造物(大げさかな?)です。大小2つの円と、円をつなぐ放射状の線の模様が刻まれています。
これは、オスのアマミホシゾラフグが、メスに卵を産んでもらうために作った巣(産卵床)です。
7日~9日かけて砂を掘ったり積んだりして作り、放射状に並んだピークに貝殻やサンゴの破片を飾ると、完成です。
ミステリーサークルが出来上がると、どこからともなくメスがやって来て、円の中心に産卵します。オスは1週間程度巣に残って卵の世話をしますが、産卵後は巣そのものの手入れをしないので、海流で崩れていきます。
その後、オスは別の場所にミステリーサークルを作り、次の繁殖サイクルに入ります。

ミステリーサークルはいつ見られるの?

ミステリーサークルは、3月~7月の小潮から中潮の頃に作成され、大潮の時に産卵をしているようで、この時期にはミステリーサークルとともにアマミホシゾラフグが見られる可能性があります。
産卵の後、うねりや海流によって徐々に壊されてゆきますが、残ってはいるようです。

作る時期に海が荒れていると作らないこともあるので、ねらって飛行機を予約しても残念な結果になる可能性もあります。

ミステリーサークルのできる水深は? 誰でも見れる?

海底ミステリーサークルは10~30mあたりの水深に作られています。地域によって水深が異なるようです。水深25mが厳しい方はショップに問い合わせて、浅場のミステリーサークルに連れて行ってくれるショップを探しましょう。
また、産卵のための巣なので、アマミホシゾラフグだけでなくミステリーサークルにも影響を与えないように観察しなければなりません。砂を巻き上げない中性浮力スキルは必須なので、経験の少いダイバーには技術的に少し厳しいかもしれません。

奄美大島のダイビング、奄美大島への行き方

奄美大島で見られる魚、奄美大島のダイビングスタイルや行き方(飛行機)についてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

コメントは利用できません。

透明度の高い奄美の海でイソマグロ、マダラトビエイ、ウミガメ、ザトウクジラなどを見よう

「奄美大島」は、鹿児島と沖縄本島の中ほどに位置し、本州など4島を除くと佐渡島に次いで全国で5番目の面積(注)の島で、東側の太平洋、西側の東シ…

ソロモンのキンギョハナダイ

20209/20

のどかなダイビングの象徴のようなキンギョハナダイ

スズキ目ハタ科ハナダイ亜科キンギョハナダイ 黒潮の影響を受ける南日本、フィリピンからニューカレドニアあたりの西部太平洋、インド洋、紅海に分…

202011/4

コウイカがカップルになって産卵するまでを見守った1日

アンダマンクルーズの目的地は、リチュリューロック。 Aggressor は、リチュリューロックに1日停泊し、4本ダイビングしました。…

宮古島の八重干瀬でダイビング! 一面のサンゴにキンギョハナダイが群れていてきれい!!

宮古島の八重干瀬は、透明度が高く明るい海に元気なサンゴが一面に広がり、その上をたくさんの熱帯魚が舞う理想的なダイビングポイントです。 …

20219/26

ダイバーに人気のタツノオトシゴ 日本で見られる3種と独特の子育て方法を紹介

魚とは思えない見た目のタツノオトシゴ。 ダイバーからは人気の魚ですが、独特の姿形から、ダイバーでなくてもなんとなく知っている方も多いようで…

ページ上部へ戻る