世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ

世界中の海に潜りダイビングを楽しんでいます。見られる魚、海の特長ダイビングクルーズやリゾートでの毎日のスケジュールなどを写真を使って紹介します。

© 世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ All rights reserved.

雨の日でもダイビングできる? どんな場合にダイビングが中止になる?

雨が降っていてもダイビングできるか、どんな気象条件の時にダイビングできないかについて考えてみましょう。

雨が降っていてもダイビングできる

一般的なアウトドアのレジャーは、小雨でも大きな影響が出たり、本降りの雨なら中止になることもよくあります。
一方、ダイビングは水中に潜るので、晴れでも雨でも水に濡れるわけです。このため多少の雨なら影響はなく、雨の日でもダイビングできます。

雨の日のダイビング、晴れた日とどう違う?

ですが、雨の日も晴れの日と全く変わりがない、というわけではありません。
次に説明するように、どうしても晴れの日に比べて条件が悪くなってしまいます。

雲で日光がさえぎられて水中が暗くなる

雨の日は、雲で太陽の光が届かなくなるので、お天気の良い時にくらべると透明度が低下します。特に水深10mあたりまでは天気が透明度に影響します。影響といっても大雨でなければ若干暗い程度です。
一方で、水深20m以上まで潜ると太陽の光の影響はさらに小さくなるので、このくらいの水深まで潜ると、天気のことは気にならなくなります。。

海から上がった後雨に濡れるのをどう感じますか?

海から上がった後、雨水が体に当たると寒いです。私は、雨水が塩を流してくれるので良いと思っていますが、雨に濡れるのを嫌がる人もいます。

雨の日は晴れの日に比べて気温が低下することが多いです。特にダイビング後は体が濡れているので体感温度はさらに低くなります。
ボートで陸に帰る時の移動が特に寒いので、ウインドブレーカーなど、用意しておきましょう。

連日雨が降っている場合の影響は?

雨が降り続くと、雨水の影響が出る場合があります。特に河口近くは、川の濁った水にが流入すると、他のエリア以上に透明度が低下します。

また長雨は気温だけでなく水温にも影響があり、降り始めより低くなることがあります。これも浅い場所ほど影響が大きいです。

大雨が降ると? どんな場合にダイビングが中止になる?

雨の量自体は、ダイビングできるかどうかには直接影響しません。

ですが、大雨が降るような場合は、強風や高波も同時に発生することが多いです。
海面が荒れているとボートを出すことができず、ダイビングが中止になる可能性が高まります。
回りが荒れていても、湾内などは波が少なくダイビングできる場合もあります。

ただ強風や高波は晴れであっても発生しますので、晴れだからダイビングできる、とも言い切れません。台風一過の晴天時は、まず船が出せないでしょうし、ビーチから歩いてエントリーするのも無理でしょう。

中止の判断はその時の海の状況によって異なります。
悪天候の影響が少なくダイビング可能なダイブサイトもあります。ショップもそういった場所を探して、なんとかお客さんに喜んでもらえるように頑張ってくれるはずです。
諦めずに問い合わせるのがよいといえるでしょう。

まとめ

雨が降るとダイビングに適した良いダイブサイトが減る可能性はありますが、ダイビングが中止されることは少ないです。
寒さ対策をしたほうがよいでしょう。
強風や高波で、ボートを出せないほど海が荒れていると、ダイビングは中止になるでしょう。ただ、中止の判断はショップによって異なるので、あきらめずに問い合わせてみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Snorkeling at Red Sea

ダイビング・スノーケリングでの日焼け対策について

青空の元でのスキューバダイビングやスノーケリングはとても楽しいものです。一方で、「日焼け」という、マリンスポーツ最大のお困りごとがつきまとい…

ボートに乗ってダイビングポイントに移動

ダイバーの大敵 船酔いと波酔いの対策とは?

ダイビングを始めたいけど、船酔いが恐いから、と尻込みしている人もいることでしょう。 ダイビングで酔うのは、船だけじゃないのです。原因はあの…

スキューバダイビングの始め方

テレビなどでダイビングによる水中映像を見て、経験してみたい、海の中に入ってみたい、と思う人も少なくないでしょう。 ですが、ダイバーが身近に…

1人参加のダイビングも楽しい!! 1人でダイビングを始める方法をご紹介

あこがれの趣味として挙げられることが多いスキューバダイビング、コロナ禍の今、人と距離を取って楽しめるレジャーとしても注目されるようになってき…

ダイビングやスノーケリングでのクラゲ対策

海水浴場でのクラゲによる被害は夏の風物詩になっています。 クラゲは触手の刺胞に毒針を持っています。毒針は本来、エサを捕まえるときや自分…

ページ上部へ戻る