世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ

世界中の海に潜りダイビングを楽しんでいます。見られる魚、海の特長ダイビングクルーズやリゾートでの毎日のスケジュールなどを写真を使って紹介します。

© 世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ All rights reserved.

女性ダイバーの心配事 生理中や妊娠中にダイビングしてもいいの?

女性のダイバーには、生理中や妊娠中にはダイビングをしてもよいのかと、女性特有の疑問がありますよね?

生理中にはダイビングしてもかまいません

生理中のダイビングは、特に問題はありません。
タンポンや月経カップを使用することで、血を漏らすことなくダイビングできます。たまに漏れていることもありますが。

ナプキンはウエットスーツ内に入ってきた海水も吸ってしまいます。出血が多い場合は、ウエットスーツ脱ぐときに漏れそうです。

出血量が少ないから、1時間くらいのダイビングでは何もしない、という人もいます。

ひどい生理痛があったり、貧血で体調が悪いような場合は、ダイビングしない方がよいでしょう。

漏れが気になる場合はズボンタイプの水着でビキニラインを隠そう

出血量が多くて、どうしても漏れてしまう人もいるでしょう。(私のことです)
そんな場合は、ショーツタイプではなくズボンタイプの水着でデリケートゾーンを隠しましょう。赤色や濃い目の色がオススメ。

準備のために あると役に立つもの

ダイビングの予約がこの時期に当たってしまった場合は、余裕を持った量のナプキンとタンポンを持って行きましょう。
中身が見えないビニール袋、ウエットティッシュも用意しておくと安心です。ボートでの移動が長かったり、漏れる心配がある場合は、海から上がった後にすぐに取り換えられる準備をしておくとよいでしょう。

冷えは女性の大敵です。ボート移動は寒いので、ウインドブレーカーやボートコートも用意しておきましょう。

生理中にダイビングしてもサメに襲われない?

生理中にダイビングを行うと、血の匂いにサメがやって来るのでは?と心配する人もいます。

安心してください。生理による血の匂いでサメがやって来た、という話は聞いたことがありません。

ジンベエザメに出会えることが魅力となっているダイブサイトもありますが、ジンベエザメは血のにおいを感じたとしても反応しません。
人を食べたタイガーシャークが住み着いているダイブサイトで生理中にダイビングしたことありますが、タイガーシャークは現れませでした。

サーファーをサメが襲う理由を知れば生理中でも安心してダイビングできる

サーフィンしていてサメに襲われた、というニュースを時々見ますよね。血の匂いが流れていたからサーファーを襲ったわけではありません。

水中から水面を見上げているサメの気持ちになって、ちょっと想像してみてください。
サーフボードにうつ伏せになって、沖合まで手足を使って泳いでいるサーファーを、下から見たら何に見えるでしょうか?
答えは「カメ」です。サーフボードの甲羅から手足が出ているわけです。

さらに水面でばちゃばちゃ暴れている生物は、弱っていることが多く、サメは水面で暴れている生物を襲う習性があります。

つまり、
サーファーは、弱っているカメに間違えられて、
サメに襲われているわけです。

出血とは全く関係ないので、安心してください。
サーファーはサメに襲われる危険性があるけど、血の匂いを流していてもダイバーはサメからは安全です。

生理の時期をずらす

薬によって、生理の時期をずらす(遅くする、早める)ことはできるようです。自費診療になると思われますが。
これを希望される方は、1~2か月前に産婦人科に相談に行きましょう。

妊娠が分かったらダイビングはやめましょう

おめでたの場合はどうでしょうか。

妊娠が判明した時点でダイビングはあきらめてください。水圧や窒素の影響によって、自分はもちろんのこと、おなかの中の赤ちゃんにも影響を与えることになります。特に妊娠初期には減圧症になる可能性も高まります。

お母さんダイバーの血に溶け込んだ窒素の泡、マイクロバブルは、へその緒を通って赤ちゃんに流れてゆきます。赤ちゃんの血管は大人の血管より小さいですよね。大人よりも泡によるダメージが大きそうです。

また、成長する初期にどこかが傷ついたら、成長する過程でその影響が倍×倍×倍になってしまいそうではありませんか。

妊娠中には、ダイビングは絶対に行わないようにしましょう。

妊娠してからそれに気づく前にダイビングをしてしまうこともあるようです。
気付いてなかったからダイビングした、って気にしている人がいますが、このタイミングに限っては気にしなくて良いようです。
元気な赤ちゃんを産んだ話を聞きますし、マリンダイビングなどの雑誌にも、妊娠に気付く前のダイビングは気にしないで、って書いています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RedSeaAggressor cabin

ダイビングクルーズ船の設備を詳しく解説!初心者が準備するものや注意点は?

モルディブやタイのプーケット(シミラン)でジンベエザメやマンタに大当たりしているダイビングクルーズ(モルディブではダイブサファリ)、興味あっ…

スキューバダイビングの始め方

テレビなどでダイビングによる水中映像を見て、経験してみたい、海の中に入ってみたい、と思う人も少なくないでしょう。 ですが、ダイバーが身近に…

ボートに乗ってダイビングポイントに移動

ダイバーの大敵 船酔いと波酔いの対策とは?

ダイビングを始めたいけど、船酔いが恐いから、と尻込みしている人もいることでしょう。 ダイビングで酔うのは、船だけじゃないのです。原因はあの…

ダイビングやスノーケリングでのクラゲ対策

海水浴場でのクラゲによる被害は夏の風物詩になっています。 クラゲは触手の刺胞に毒針を持っています。毒針は本来、エサを捕まえるときや自分…

2019年 2つのダイビングクルーズ船が夜間の火災で沈没!! 他人事ではないよ!?

ダイビングクルーズ船の火災って、聞いたことありますか? 以前、インドネシアのMarmaid2の安全ブリーフィングで、 「部屋の中…

ページ上部へ戻る