世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ

世界中の海に潜りダイビングを楽しんでいます。見られる魚、海の特長ダイビングクルーズやリゾートでの毎日のスケジュールなどを写真を使って紹介します。

© 世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ All rights reserved.

オマーンアグレッサー 初日~ダイビングする前までのスケジュール

乗船開始は15時

岸壁から船首に細い橋を渡してあるので、それを渡るようです。ラッキーだと130m先の桟橋からボートで運んでもらえます。


乗船後、ダイビング器材の入った荷物はダイビングデッキに置いて、カメラの入った手荷物を持ってサロンに入ります。

乗船後はCカードチェック、ダイビング器材のセットアップ

まずは不思議なジュースと不思議なコーヒーで歓迎してくれました。
それを味わいつつ、申込書を書き、Cカードをチェックしてもらいます。

この時に、ナイトロックス使うか、大きいタンクを使いたいか、レンタル品が必要か、聞かれます。これらはすべて有料です。

部屋を教えてもらい、ダイビング器材をセットアップ

次に、1週間使うキャビンに案内してもらいます。

部屋にカメラを置き、ダイビングデッキに戻って、器材のセットアップをします。

広くないダイビングデッキで、スーツケースから器材を取り出すことになるので、そのつもりでパッキングしてあります。

タンクにBCDを着せ、インフレーターホースを取り付けます。

フィン、マスク、ブーツなどの軽器材は、タンクの下のかごに入れておきます。

ウエットスーツをハンガーにかけたら、セットアップはおしまい。

キャビンに戻り、写真を撮って、カメラを組み立ててたら、お昼寝です。

みんなが揃ったら船と安全についてのブリーフィング

ブリーフィングはスタッフの紹介から始まりました。次にお客さんの自己紹介。

次に、船と安全についてのブリーフィングがありました。

  • トイレは海に直結しているので大量の紙を流さない
  • 人が落ちたら、見失わないよう誰かが方向を指し続け、別の人が浮き輪を投げたり助けを呼びに行く
  • 非常時のサイン、集合場所や逃げ方
  • 階段は必ず手すりを持って上り下りする(滑ってケガした人、何人も見ました)
  • 飲み物はセルフサービス

お楽しみの夕食で、乗船日のスケジュールが終わります

最初のダイビング前にダイビングのブリーフィング

ダイビングは2日目から。
最初に、ダイビング全体についてのブリーフィングがあります。
説明されるのはだいたいこんな内容です。

  • 辺りの海の概要
  • ダイブタイムは60分
  • デコを出さないように
  • お酒を飲んだ後のダイビングはダメ
  • 2つのボートに分かれてダイブサイトに移動
  • バディダイビングをする 単独行動しないこと(守られていない!)
  • ダイビングが終わったら、ファーストステージをタンクから外しておくと、エアをチャージしてくれる
  • ダイビングが終わったら、深度とダイブタイムをスタッフに伝えて記録してもらう
  • ナイトロックス使う際の手順

ダイブサイトの説明はダイビングごとに行われます

説明聞いてから、ウエットスーツを着たり準備を始めます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オマーンアグレッサー 最終ダイビングが終わってから下船するまでのスケジュール

ダイビング器材の片づけはスタッフにおまかせ ダイビング器材はスタッフが水洗いして、サンデッキなどで乾かしてくれます。 いつもと同じように…

オマーンの魚 太平洋で見たことがない珍しい魚が多くて楽しい‼

オマーンで出会った魚のうち、太平洋で見たことがないと思う魚(分かりやすく言うと初めて見た魚)をまとめました。 ダイビングサービスは魚の図鑑…

オマーンダイビング 海の特徴など

オマーンアグレッサーは、シーズンにより次の3種類の海域でダイビングクルーズを行います。 マスカット(MOT)発着 ディマニヤット諸…

オマーン ナイトダイビングは豊富なマリンライフが楽しめた!!

ダイビングクルーズの楽しみは、なんといってもナイトダイビングではないでしょうか。 ライトの明りの中だけ集中して見るためか、昼間より生物…

オマーンアグレッサー 毎日のスケジュール ダイビング&お食事

毎日のスケジュールはだいたいこんな感じ 6:00 起床 トーストとジュースで軽い朝食(私は食べずに寝てます) 6:30 ダイビ…

ページ上部へ戻る