世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ

世界中の海に潜りダイビングを楽しんでいます。見られる魚、海の特長ダイビングクルーズやリゾートでの毎日のスケジュールなどを写真を使って紹介します。

© 世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ All rights reserved.

オマーンで見たいクマノミ オマーンアネモネフィッシュ


オマーンアネモネフィッシュは“オマーン”の地名の付くクマノミですが、インド洋西部~オマーンのアラビア海に住んでいるようです。
白い2本線(日本のクマノミのような)、むなびれとしりびれの先が黒いのが特徴でしょうか。
Leathery Sea Anemone、Bulb-tentacle Sea Anemoneという2種類のイソギンチャクと共生しています。

夜寝るときは、昼間より若干地味な色に変わるようです。

こちらはオマーンアネモネフィッシュの幼魚でしょうか、それとも別の種類でしょうか?
白い線2本なのは成魚と同じですが、黒い模様の場所が全然違います。

クマノミは性転換する魚です。
全部がオスとして生まれ、イソギンチャクに住み着いているクマノミのうち最も強い個体が性転換してメスになるのです。
イソギンチャクに何匹かのクマノミが住み着いていますが、メスは1匹だけ、残りはみんなオス、というわけ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オマーンでダイビング 利用したのは超豪華なクルーズ船のアグレッサー

ダイビングクルーズのオマーンアグレッサーに乗船してダイビングしたので、紹介します。 オマーンってどこにあるの? どんな国? ダイビ…

オマーンアグレッサー 初日~ダイビングする前までのスケジュール

乗船開始は15時 岸壁から船首に細い橋を渡してあるので、それを渡るようです。ラッキーだと130m先の桟橋からボートで運んでもらえます。 …

オマーンで出会った魚 太平洋でも見ることのできる魚

よく見るけど、オマーンにも居た魚(分かりやすく言うと珍しくない魚)をまとめました。 ハタタテダイ(ムレハタタテダイかも)は、アフリカか…

オマーンアグレッサー 最終ダイビングが終わってから下船するまでのスケジュール

ダイビング器材の片づけはスタッフにおまかせ ダイビング器材はスタッフが水洗いして、サンデッキなどで乾かしてくれます。 いつもと同じように…

オマーンで会ったウツボ3種

上の写真のウツボは、世界各地でイエローマウスモーレイと呼ばれていますが、日本の図鑑にも載っていました。和名は、アデウツボ。 日本では、高知…

ページ上部へ戻る