世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ

世界中の海に潜りダイビングを楽しんでいます。見られる魚、海の特長ダイビングクルーズやリゾートでの毎日のスケジュールなどを写真を使って紹介します。

© 世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ All rights reserved.

オマーンの魚 太平洋で見たことがない珍しい魚が多くて楽しい‼

オマーンで出会った魚のうち、太平洋で見たことがないと思う魚(分かりやすく言うと初めて見た魚)をまとめました。
ダイビングサービスは魚の図鑑を置いていることが多いですが、オマーンアグレッサーには図鑑がなく、種類を調べることができませんでした。
なので、太平洋に居るか居ないか、保証はできません。ふ~ん、といった感じで鑑賞してください。

何の仲間かもわからない、細長い魚。頭は縦縞模様、体は水玉模様。ガンガゼのようなとげの長いウニに隠れてました。
どうしても隠れたいみたいで、なかなか写真を撮れません。

三角形のとげというか突出部を持つフグ。鮮やかなブルーがきれいです。日本の図鑑を見ると、ミナミハコフグに似ているようですが…

このフグは、色には特徴はありませんが、形が変です。

どこにでもいそうな地味な魚ですが、初めて見ました。
海底に直径3mくらいのかごがあり、その中に閉じ込められていました。美味しいのでしょうが、残酷です。

シビレエイの仲間でしょうか。

この先は、形は知っているけど、配色が違う魚。
ヤッコ(キンチャクダイ)とチョウチョウウオ。こういうのも面白いと思う。

 

 

フタイロカエルウオの黄色い部分に黒い点を加えた魚。
下に孵化直前みたいな卵があります。

このハゼもどこにでも居そうなありふれた模様です。ダテハゼのように見えますが、ダテハゼは日本固有種とされているので、別の種類なんでしょう。
日本人にダイバーにはハゼ好きが多いようですが、欧米人はあまりお好みではないようです。写真見せても「Srinp goby!」でおしまい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オマーンで出会った魚 太平洋でも見ることのできる魚

よく見るけど、オマーンにも居た魚(分かりやすく言うと珍しくない魚)をまとめました。 ハタタテダイ(ムレハタタテダイかも)は、アフリカか…

オマーンアグレッサー 初日~ダイビングする前までのスケジュール

乗船開始は15時 岸壁から船首に細い橋を渡してあるので、それを渡るようです。ラッキーだと130m先の桟橋からボートで運んでもらえます。 …

オマーンでダイビング 利用したのは超豪華なクルーズ船のアグレッサー

ダイビングクルーズのオマーンアグレッサーに乗船してダイビングしたので、紹介します。 オマーンってどこにあるの? どんな国? ダイビ…

オマーンアグレッサー クルーズ船船内の紹介

オマーンアグレッサーは、ダイビングクルーズのために作られた船です。船内の様子を簡単に紹介します。 3階建てで、客室は1階と3階に、真ん…

オマーンで見たいクマノミ オマーンアネモネフィッシュ

オマーンアネモネフィッシュは“オマーン”の地名の付くクマノミですが、インド洋西部~オマーンのアラビア海に住んでいるようです。 白い2本…

ページ上部へ戻る