世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ

世界中の海に潜りダイビングを楽しんでいます。見られる魚、海の特長ダイビングクルーズやリゾートでの毎日のスケジュールなどを写真を使って紹介します。

© 世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ All rights reserved.

ダイビングショップの選び方 探す時にチェックしたいポイント

せっかく貴重な時間とお金を使うのですから、ダイビングショップ選びは慎重になりますよね。自分に合ったショップを選ぶことが、最高のダイビングの始まりになるからです。

ダイビングショップとダイビングスクールの違いは?

違うものだと思われがちですが、ダイビングショップとダイビングスクールは本質的には同じものです。
どちらも、ダイビングライセンスを得るための講座を開講していますし、スキルアップをしたい人向けの講座や体験ダイビング、器材の販売などをしています。

ダイビングショップの選び方のコツは?

どのような点に注目して、ダイビングショップを選んだらいいのでしょうか。

ショップの形態で選ぶ

どこにお店があるか、4つに分けられます。
・現地のダイビングスポットの近くにお店を構えている現地型ショップ
・ダイブサイトから遠く離れた都市部にお店をオープンしている都市型ショップ
・両者をかけあわせたタイプ
・お店を持たない無店舗型
ショップの形態でお店の機能に優劣があるわけではないので、通いやすさや料金などの面で、あなたにとってベストだと思うショップやスクールを選べばいいでしょう。

ショップのダイビングスタイルによって選ぶ

お店によって、重視しているダイビングスタイルがいろいろ異なっています。
・体験レッスン、体験ダイビングに力を入れている
・ライセンス講習(Cカード講習)でたくさんの客さん(生徒)を集めている
・器材などの品揃えに力を入れている
・伊豆など国内の海で楽しむことをコンセプトにしている
・海外ツアーの魅力を伝えたいという思いを持ったお店
あなたの目的や趣味にフィットしたところを選べばいいですね。

信頼できるかも重要なポイント

信頼できるショップかどうかも、選び方として大事です。
公式サイトをチェックしましょう。
・こまめに更新されていると安心
・費用に関する記載が無かったり、ぼかされている点など不審なところが見られる場合は避けておきましょう。
公式サイトの情報だけではなく、直接メールでやりとりをしたり、電話で問い合わせをして見ましょう。
・プロならではの的確で正確な答えができるか
・お客に対する態度がいいかどうか
・電話した時不在だったら折り返し連絡をくれるか
などまで調べておけば、後々不快な思いをする確率は減るでしょう。

これらの点をふまえて、あなたのスタイルや趣味に合ったショップを見つけてください。

関連記事

コメントは利用できません。

スキューバダイビングを始める人に知っておいてほしいこと

スキューバダイビングを始める人に知っておいてほしいことをまとめてみます。 講習を受け、深度や圧力と空気の体積の関係と道具の使い方をしっかり…

女性ダイバーの心配事 生理中や妊娠中にダイビングしてもいいの?

女性のダイバーには、生理中や妊娠中にはダイビングをしてもよいのかと、女性特有の疑問がありますよね? 生理中にはダイビングしてもかまいません…

Aceh Indonesia

泳げないけどダイビングできる?

青い海をバックに、サンゴの周りをカラフルな熱帯魚がひらひら舞う映像をテレビで見て、「ダイビング良さそう、してみたい」 なんて思うけど、…

ダイビングやスノーケリングでのクラゲ対策

海水浴場でのクラゲによる被害は夏の風物詩になっています。 クラゲは触手の刺胞に毒針を持っています。毒針は本来、エサを捕まえるときや自分…

海水で肌が荒れる敏感肌だけどダイビング・スノーケリングしたい場合

スキューバダイビングやスノーケリングできれいな海を楽しんだ後で、肌荒れに困らされること、よくありますよね。せっかくの貴重な時間がお肌のトラブ…

ページ上部へ戻る