世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ

世界中の海に潜りダイビングを楽しんでいます。見られる魚、海の特長ダイビングクルーズやリゾートでの毎日のスケジュールなどを写真を使って紹介します。

© 世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ All rights reserved.

苦手な耳抜きの克服方法

耳抜きが苦手、ダイビングを試してみたけど耳抜きができなく潜れなかった、ダイビングしたいけど耳抜きできるか不安、という話、よく聞きます。
そんなあなたに、耳抜きの仕方、耳抜きできるかどうか陸上で試す方法をお教えします。

海に潜ると耳にどんなことが起こっているの?

ダイビングで耳抜きが必要な理由は、水深による圧力で耳の中の空気の体積が変わるからです。
耳の中(鼓膜の内側の中耳)には空気が入っています。深い所に潜ると水圧で空気は縮みます。すると、鼓膜が耳の内側に引っ張られ、違和感や痛みを感じるわけです。
この状態を解消するには耳の中に空気を入れる必要があるため、鼻と耳をつないでいる耳管から内耳に空気を送ってあげます。これにより、内側に引っ張られていた鼓膜は元の位置に戻り、違和感も消えます。これが耳抜きです。

耳抜きの方法

では鼻から耳に空気を送る耳抜きの方法を説明します。
1.鼻から息が抜けないように鼻をつまみます。
2.鼻の奥の方に意識を向けてゆっくりと息をためてゆきます。
3.鼻内の気圧が高まると、耳管を開いて空気が耳に抜けます。
4.耳内の圧力を高めても耳が抜けない場合は、ゆっくりとつばを飲み込んできましょう。

深さの変化に対しこまめに耳抜きしよう

耳が痛くなるほど深く潜る前に耳抜きすることが大切です。深度差が少ないほど抜けやすいからです。
抜けないな、と思ったら、1~2m浮上してみましょう。抜けやすくなるはずです。鼻を強くかんだり、強く息を入れると耳抜きできるかというと、そういう訳ではないようです。

耳抜きできるか試してみたい

先ほど紹介した耳抜きの方法、1と2を試してみてください。ゆっくりと、ですよ。気圧差の生じない陸上での耳抜きは、1~2度に留めておいた方が鼓膜のためでしょう。
飛行機に乗って、上昇/下降してるとき、耳が抜けるのを感じたことありますよね。そんなあなたも、耳抜きできる体です。ご安心ください。

耳抜きの練習をしたい

練習は、プールで行うのが良いと思います。
泳いでいる人のジャマにならない場所を探して、底にしゃがんで、鼻をつまんで… 耳抜きの方法1~3(1~4)を行ってみましょう。

耳鼻科の先生に相談してみましょう

耳鼻科のお医者さんに相談するのも良いと思います。
耳鼻科とはいえども、すべての先生がダイビングの耳への影響やその対策に詳しいわけではないようです。得意な先生はご自身のホームページで紹介されていると思います。その点を調べて受診してください。

その他、民間療法的なネタですが

・前日はしっかりと睡眠をとって体力を回復しておきましょう。体がむくむと耳も抜けにくくなるので、前日はお酒は控えめに。
・直前にガムを噛むか飴をなめておきましょう。つばを飲み込む頻度が上がると、耳管が開きやすくなり、耳も抜けやすくなるようです。
・メントール系のにおいをかぐと、鼻がすっと抜けて、耳抜きがしやすくなるという人もいます。
・リラックスしましょう。緊張して首や顔の筋肉に力が入っていていても、耳管が開きにくくなるようです。
・耳の裏側や顔の耳回りをマッサージして緊張をほぐしておくと耳が抜けやすくなるようです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バディ・システムはダイビングの基本 なぜ重要? どんなメリットがある?

バディとは「仲間」という意味の英語です。 バディ・システムとは、必ず「バディ」と呼ばれるパートナーと一緒にダイビングをして、最初から最後ま…

中性浮力をとってジンベイと泳ごう

中性浮力をうまくとってダイビングスキルを上達させよう

中性浮力とは? ダイビングで大切なスキルの一つが、中性浮力を取ることですね。 中性浮力というのは、水中に浮かんでいる時に、水面に向かって…

ダイビングやスノーケリングでのクラゲ対策

海水浴場でのクラゲによる被害は夏の風物詩になっています。 クラゲは触手の刺胞に毒針を持っています。毒針は本来、エサを捕まえるときや自分…

ヒレナガネジリンボウ

砂を巻き上げずにダイビングするコツをマスターしてハゼやジョーフィッシュを見よう!!

砂地にみんなが輪になってトウアカクマノミの卵を見てた時、砂を巻き上げそうで怖くて近づけなかった、なんて残念な経験してませんか? 海底の…

バディダイビング(ガイド無しのセルフダイビング)の魅力

バディダイビング(セルフダイビング)とは? ダイビングサービスによっては、チェックダイブでグスタッフのOKをもらうと、バディと2人だけ~一…

ページ上部へ戻る