世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ

世界中の海に潜りダイビングを楽しんでいます。見られる魚、海の特長ダイビングクルーズやリゾートでの毎日のスケジュールなどを写真を使って紹介します。

© 世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ All rights reserved.

スキューバダイビングの魅力

ダイビングの魅力って、どんなところにあるんでしょう?

たくさんの海中生物が見られて楽しい

ダイビングの魅力といえば、なんといっても、たくさんの生き物を見ることができる点でしょう。
生き物を観察したり眺めるのが好きな人、多いですよね? ペットのワンちゃん、にゃんこちゃんだって生物ですからね。

一般的に、陸上よりも海中の方が生物の密度が高い、と言われています。熱帯雨林のジャングルを歩いても、そう簡単には生物は見つかりませんが、海の中の岩の近くには、たくさんの魚や生物がいます。
実際に海の中に入って生き物を観察することは、誰にでもできるものではありませんが、スキューバダイビングにより魚と一緒に泳ぐことができます。
かわいらしいクマノミがむなびれで卵に新鮮な水を送っている様子や、小魚の群れの中に大きなマグロが突入してエサを食べるドキュメンタリーTVのようなシーンも、わりと普通に見られます。
岩場にひそんでいるおいしそうなロブスターの暮らしぶりを知ることもできますし、イカが瞬時に色や形を変える様子も間近に見ることができます。
その他の様々な生物や生態を見るのは、貴重な経験になるでしょう。

深い海の中を知っている優越感

シュノーケリングでサンゴの上を浮かんでいるのも楽しいですが、10メートル潜ると、シュノーケリングでは見ることができない世界が広がっています。
海面よりは波の影響が少ないく、体が波にもまれずじっとしていられるので、生き物をよく観察できます。
深度が変われば暮らしている生物の種類も変わります。ダイビングにより、より多くの種類の生物と出会えるでしょう。

ダイビングが上達してゆく過程も楽しめる

地上で行っているスポーツと同じく、経験を積む(ダイビング回数を重ねる)ほどスキルが上がります。最初の頃は、水中にじっと浮かんでいるのが難しいですが、だんだん海のうねりで体を揺らされることもなくなってきます。
海の中であぐらをかいて浮かんだりもできるようになってきます。
スキルが上がるにつれ、海の中で過ごせる時間も長くなってゆきます。
上達してゆく過程って楽しいものですよね?

マイ器材への愛着

スキューバダイビングを楽しむためには、マイ器材を購入した方が良いでしょう。もちろん初めから道具を揃えるのではなく、レンタル器材でダイビングに少しずつ慣れてきてから、器材を購入したらいいでしょう。
自分の道具=いつも同じ器材を使うことで、操作がしやすくなります。同時に、道具そのものにも愛着がわいてきますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ボートに乗ってダイビングポイントに移動

ダイバーの大敵 船酔いと波酔いの対策とは?

ダイビングを始めたいけど、船酔いが恐いから、と尻込みしている人もいることでしょう。 ダイビングで酔うのは、船だけじゃないのです。原因はあの…

1人参加のダイビングも楽しい!! 1人でダイビングを始める方法をご紹介

あこがれの趣味として挙げられることが多いスキューバダイビング、コロナ禍の今、人と距離を取って楽しめるレジャーとしても注目されるようになってき…

雨の日でもダイビングできる? どんな場合にダイビングが中止になる?

雨が降っていてもダイビングできるか、どんな気象条件の時にダイビングできないかについて考えてみましょう。 雨が降っていてもダイビングでき…

Snorkeling at Red Sea

ダイビング・スノーケリングでの日焼け対策について

青空の元でのスキューバダイビングやスノーケリングはとても楽しいものです。一方で、「日焼け」という、マリンスポーツ最大のお困りごとがつきまとい…

スキューバダイビングの始め方

テレビなどでダイビングによる水中映像を見て、経験してみたい、海の中に入ってみたい、と思う人も少なくないでしょう。 ですが、ダイバーが身近に…

ページ上部へ戻る