世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ

世界中の海に潜りダイビングを楽しんでいます。見られる魚、海の特長ダイビングクルーズやリゾートでの毎日のスケジュールなどを写真を使って紹介します。

© 世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ All rights reserved.

ダイビングやスノーケリングでのクラゲ対策

海水浴場でのクラゲによる被害は夏の風物詩になっています。

クラゲは触手の刺胞に毒針を持っています。毒針は本来、エサを捕まえるときや自分の身を守る際に利用する物ですが、人が触ると皮膚が腫れて痛みます。

海で泳ぐ際にはもちろんのこと、スキューバダイビングの際にもクラゲ対策が必要になります。

肌の露出を少なくしよう

クラゲ対策としては、肌の露出を少なくすることが最も重要です。

水温が高い夏や暖かい海外のリゾートでも長袖のウェットスーツやグローブを着用しましょう。
ウェットスーツは保温や怪我を防ぐためだけではなく、クラゲに刺されない予防法としても役立ってくれます。

スノーケリングをする時には、長袖・長ズボンのラッシュガードを着て全身の肌を守ってください。UVカットタイプのものでは日焼け防止にもなります。

女性のスノーケラーにおすすめ水着とUVカットラッシュガード5点セット

男性のスノーケラーにおすすめ水着とUVカットラッシュガード3点セット

クラゲがいないか周囲に気を配って泳ごう

常に周囲に浮遊物を確認しながら泳ぎ、クラゲや流れてくる触手等を避けるのも重要です。

クラゲは深場よりも浅いところや、水面近くに多く浮いています。
このためスノーケリングの方が、ダイビングよりクラゲに出会う可能性が高いといえます。

スノーケリングしている時、ダイビングの安全停止中や浮上時には、顔の周りの海中に特に注意を払いましょう。口周りにぴりぴりと刺され感を覚えながら浮上、というのも珍しくありませんが、避けたい状況です。

クラゲ除け成分の入った日焼け止めを使う

クラゲに刺されにくい成分が配合されている SAFE SEA という日焼け止めが、ダイビングショップやサーフショップで売られています。日焼け対策にもなるので一石二鳥、お得です。

SAFE SEA を使う場合は、塗った後10分くらい待ってきちんと乾かすことが重要です。乾く前に海に入ると成分が流れ落ちて、効果がなくなってしまいます。

子供用もあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ダイビングショップの選び方 探す時にチェックしたいポイント

せっかく貴重な時間とお金を使うのですから、ダイビングショップ選びは慎重になりますよね。自分に合ったショップを選ぶことが、最高のダイビングの始…

アマミホシゾラフグの巣

奄美大島で固有種アマミホシゾラフグが造る海底ミステリーサークルを見よう

奄美の海でイソマ今、奄美大島に潜るダイバーに最も注目されているのは、固有種の「アマミホシゾラフグ」と、このフグが造りだす「海底ミステリーサー…

秋~冬~春 夏以外の寒い時期にもダイビングを楽しもう

ダイビングは夏のスポーツのイメージが強いかもしれませんが、実は日本の海では1年を通して楽しむことができます。 実は寒い冬のダイビングの…

雨の日でもダイビングできる? どんな場合にダイビングが中止になる?

雨が降っていてもダイビングできるか、どんな気象条件の時にダイビングできないかについて考えてみましょう。 雨が降っていてもダイビングでき…

スキューバダイビングを始める人に知っておいてほしいこと

スキューバダイビングを始める人に知っておいてほしいことをまとめてみます。 講習を受け、深度や圧力と空気の体積の関係と道具の使い方をしっかり…

ページ上部へ戻る