世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ

世界中の海に潜りダイビングを楽しんでいます。見られる魚、海の特長ダイビングクルーズやリゾートでの毎日のスケジュールなどを写真を使って紹介します。

© 世界の海でダイビング 水中写真やダイブサイトのおひろめ All rights reserved.

バディダイビング(ガイド無しのセルフダイビング)の魅力

バディダイビング(セルフダイビング)とは?

ダイビングサービスによっては、チェックダイブでグスタッフのOKをもらうと、バディと2人だけ~一緒に行ったグループの人達だけでのバディダイビングガイド無しのセルフダイビング)ができます。
自分たちで魚を探すのは楽しいものです。珍しいマクロ生物を見つけて、バディ同士で自慢し合うと、アフターダイビングが盛り上がること間違いなし。
他の人を気にせずに写真を撮れるので、引っ込みがちなハゼやジョーフィッシュもタンクのエアの許す限り粘って撮影できますよ。

チェックダイビングですること

バディダイビングする場合、最初にチェックダイブがあります。
チェックダイブが不安という声も聞きますが、ご安心ください。
ウエイトの調整をして、器材の動作確認をしながらそのダイビングポイントをぐるっと1周する、というのが一般的です。
見どころや生物を教えてくれるので、覚えておいて、後でゆっくり見に行きましょう。

ガイド無しのセルフダイビング、迷わないか心配

道案内してくれるガイドがいないと、迷わないか、ダイビングショップに帰れるか心配、という人もいるでしょう。
チェックダイブはガイド付きで行われます。この時に、ルート取り、目印となる地形、岩やサンゴの形を覚えておきましょう。また沖に出てUターンするときに、コンパスに方向をセットしておきましょう。
ハウスリーフにはたくさんのダイバーがいます。じっとして待っていると、誰かが近づいて来て泳ぎ去るでしょう。それで進むべき方向は分かると思います。
それでも迷った場合は、ゆっくり浮上して水面から顔を出せば、戻る場所は見えます。

セルフダイビングでスキルを極めよう

水中では自由なので、スキルの練習をするのもおすすめです。
中性浮力を取って水中に浮く、浮上も、沈みもしない状態で浮いている、ビギナーにはなかなかむつかしい技術です。
バディにお願いして、タンク1本60分中性浮力の練習、してみてはいかがでしょうか。
スキルアップまちがいなし!!
中性浮力のコツについてはこちらの記事で説明しています。

セルフダイビングで撮影技術を極めよう

水中写真は奥が深く、なかなか難しいものです。
ガイドツアーダイビングでは、みんなでいっしょに移動しないといけないので、撮影技術を追求するなんて時間はありません。
そこで、セルフダイビングで撮影技術を研究するのもおすすめです。
・どの方向からライトを当てると、マリンスノーが写らないか。
・どの方向からライトを当てると、効果的に被写体を引き立てられるか。
・どの方向から撮影すると、魚を芸術的に写せるか。
・目にピントを合わせると口がぼけてイマイチだけど、対策はないか。
などなど。

関連記事

コメントは利用できません。

どんな人とバディを組むと良い? 選ぶ条件は? カップルの場合は?

前のページで説明したように、ダイビングの安全性を高めたり、水中生物との出会いを2倍にしてくれるバディシステム。どんな人とバディを組むと、快適…

適正ウエイトでダイビングしよう 適正ウエイトの計算・水面での確認方法を徹底解説!!

適正ウエイトでダイビングするのは基本的なダイビングのスキルだ、ということを疑うダイバーはいないでしょう。 ウェイトが軽いことを自慢した…

ヒレナガネジリンボウ

砂を巻き上げずにダイビングするコツをマスターしてハゼやジョーフィッシュを見よう!!

砂地にみんなが輪になってトウアカクマノミの卵を見てた時、砂を巻き上げそうで怖くて近づけなかった、なんて残念な経験してませんか? 海底の…

バディ・システムはダイビングの基本 なぜ重要? どんなメリットがある?

バディとは「仲間」という意味の英語です。 バディ・システムとは、必ず「バディ」と呼ばれるパートナーと一緒にダイビングをして、最初から最後ま…

口呼吸は効率が悪い? エア持ちよくダイビングできる5つのポイントを一挙大公開!!

上の写真、中央の2人が大量のエアを出していますよね、小柄な女性なんですけど。 不思議に思って聞いてみると、講習が終わって初めてのファンダイ…

ページ上部へ戻る